卒業生の職場紹介

高度医療の動物病院で、多くの卒業生が活躍しています!

Placeholder image
Placeholder image

血液生化学検査(ドライケム)

少量の血液から血糖値や脂質といった血中に含まれる成分を数値化し、肝臓や腎臓などの内臓器の状態を把握することができます。

Placeholder image

静脈留置保定

獣医師の先生が留置針※を挿入するところです。動物看護師がワンちゃんを保定し、挿入しやすいようにしています。
※採血・点滴・投薬の際に、静脈内に挿入し留置される医療器具。留置針を使うことで、投薬の度に注射針を刺す必要がなくなります。

Placeholder image

手術補佐

手術の際は無菌状態です。滅菌処置をしていない部分に獣医師は触れることができないので、そのような機械の操作や器具を差し出すなどの補佐を行います。

Placeholder image

麻酔管理

全身麻酔は危険を伴います。モニターには心拍数や脈拍数など、麻酔下の動物の状態を数値化しています。麻酔量の調整はもちろん、何か異常があれば速やかに獣医師に報告します。

Placeholder image

スリットランプ検査

眼に細い光(スリットランプ)を当てて角膜の傷の深さや、水晶体の異常など、多くの情報が得られる検査を行っているところです。

Placeholder image

アセンズ動物病院

仙台市青葉区折立3-7-28
TEL.022-226-1866

東北動物看護学院の先輩がいるから心強い!

Placeholder image
Placeholder image

猫の保定

獣医師が処置しやすいように、動物看護師が保定しているところ。動物看護師の大切な仕事です。

Placeholder image

スーパーライザー治療

スーパーライザー(近赤外線)を照射し、骨折部位の血行を良くして、早く治るようにケアします。

Placeholder image

皮下点滴の準備

獣医師の指示に従い、薬剤を調合し、点滴剤を準備しているところです。

Placeholder image

ノア動物病院

宮城県仙台市泉区野村字新平山2-38
TEL.022-375-4515